ポスターセッション


セッションAの先頭へ
セッションBの先頭へ
セッションCの先頭へ
戻る

セッションA

1 メラトニン 座長:松本三樹(旭川医大精神医学講座)
A 1-1 光照射によるメラトニンにおける照射時間と照度との関係
○青木治亮、山根秀夫、尾関祐二、野口俊文、山田尚登、加藤進昌
1)滋賀医科大学精神医学講座、2)公立高島総合病院精神神経科


A 1-2 ヒトの昼間睡眠に及ぼす外因性メラトニン投与の影響
○松本三樹、千葉 茂
1)旭川医科大学医学部精神医学講座


A 1-3 概日リズム睡眠障害の sleep propensity とメラトニンリズム
○内山 真、大川匡子、渋井佳代、金 圭子、工藤吉尚、早川達郎、亀井雄一、浦田重治郎
1)国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部、2)同国府台病院精神科


A 1-4 外因性メラトニン投与後の直接的催眠作用及び深部体温低下作用
−低用量メラトニンでの検討−
○佐藤浩徳、三島和夫、松本康宏、戸澤琢磨、菱川泰夫
秋田大学医学部精神科学講座


A 1-5 メラトニン受容体発現細胞膜分画を用いたメラトニン測定の人への応用
○尾関祐二、山田尚登、青木治亮、横山哲雄、城野浩之、古賀淳一、加藤進昌
1)滋賀医科大学精神医学講座、2)日本ケミカルリサーチ(株)バイオサイエンス研究所


2 光照射 座長:佐々木三男(東京慈恵医科大学医学部看護学科)
A 2-1 痴呆老人処遇研究における高照度光処遇が睡眠に及ぼす影響について
−特別養護老人ホーム2施設での睡眠記録解析結果のまとめ−
○小山恵美、松原穂澄、中野紀夫
1)松下電工株式会社電器R&Dセンター、2)同防災・特殊照明事業部特品商品部


A 2-2 睡眠位相後退症候群(DSPS)における自然光療法治療と病態の検討
○勝沼英宇、清水武志、中野正剛、小川公啓、久保秀樹、石田 均、大川匡子
1)立川メディカルセンター悠遊健康村病院老人科、2)同放射線科、3)国立精神・神経センター精神保健研究所


A 2-3 DSPS における光療法施行前後の終夜睡眠脳波所見の検討
○渡辺 剛、梶村尚史、加藤昌明、関本正規、中村哲夫、高橋清久
1)国立精神・神経センター武蔵病院


A 2-4 中高年者の睡眠・覚醒に及ぼす高照度光照射の影響(1)
−アクチグラムによる活動量の研究−
○榊原 聡、香坂雅子、小林理子、本間裕士、福田紀子、小山 司
1)札幌花園病院、2)北海道大学医学部精神医学講座、3)北海道大学医療技術短期大学部衛生技術学科


A 2-5 中高年女性の睡眠・覚醒に及ぼす高照度光照射の影響(2)
−自覚的睡眠感に関する検討−
○小林理子、香坂雅子、福田紀子、榊原 聡、本間裕士、小山 司
1)北海道大学医学部精神医学講座、2)札幌花園病院、3)北海道大学医療技術短期大学部衛生技術学科


3 生体リズム 座長:三島和夫(秋田大学医学部精神科学講座)
A 3-1 断眠による脳内リン代謝の変化ー31P- MRS を用いた正常者12名における検討
○村下 淳、山田尚登、加藤忠史、加藤進昌
1) 滋賀医科大学精神医学講座、2)東京大学医学部精神医学講座


A 3-2 ナルコレプシーの REM 睡眠出現周期に関する検討
−スペクトル解析を用いて−
○ 本間裕士、大友詔雄、香坂雅子、福田紀子、小林理子、榊原 聡、中村文裕、小山 司
1)北海道大学医学部精神医学講座、2)北海道大学工学部応用原子科学講座、3)札幌花園病院、4)北海道大学医療技術短期大学部衛生技術学科


A 3-3 細胞性免疫機能に認められる概日リズム
−Constant routine 法による運動量、光条件、カロリー摂取、リズム位相調整下での検討−
○松本康宏、三島和夫、佐藤浩徳、戸澤琢磨、越前屋勝、佐々木道基、菱川泰夫
1)秋田大学医学部精神科学講座


A 3-4 女性の月経周期に伴う sleep propensity の変動
○渋井佳代、内山 真、大川匡子、亀井雄一、早川達郎、工藤吉尚、金 圭子、赤松達也、太田克也、石橋健一
1)国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部、2)同国府台病院精神科、3)日本医科大学精神科、4)東京女子医科大学神経精神科、5)昭和大学医学部産婦人科、6)東京医科歯科大学神経精神科、7)東京都多摩老人医療センター精神科


4 加齢と睡眠 座長:香坂雅子(札幌花園病院)
A 4-1 痴呆患者の活動・休止リズムー病初期のアルツハイマー病患者を対象に
○大橋 裕、岡本典雄、安藤勝久、森 則夫
1) 浜松医科大学精神神経医学教室、2)共立菊川総合病院精神科


A 4-2 高齢痴呆患者の睡眠構造と昼夜の活動量との関連について
○飯田英晴、松岡孝裕、杉下真理子、橋本朋子、佐藤 忍、後藤 恵、山内俊雄
1) 埼玉医科大学精神医学教室


A 4-3 意欲別にみた高齢者の活動リズムと睡眠
○城田 愛、田中秀樹、玉木宗久、林 光緒、白川修一郎、堀 忠雄
1)広島大学総合科学部 人間行動研究講座 精神生理学研究室、2)国立精神・神経センター精神保健研究所


A 4-4 在宅健常高齢者の睡眠・覚醒パターンの調査ー女性高齢者について
○櫻井尚子、佐々木三男、本間紀子、溝口麻里
1) 東京慈恵医科大学医学部看護学科、2)東京都練馬区練馬保健所、3)東京都豊島区衛生部


A 4-5 概日リズムの加齢変化が高齢者での睡眠障害の発症に果たす意義に関する縦断研究
○戸澤琢磨、三島和夫、佐藤浩徳、松本康宏、菱川泰夫
1)秋田大学医学部精神科学講座


5 生活・運動・環境 座長:堀 忠雄(広島大学総合科学部人間行動研究講座)
A 5-1 朝型と夜型の大学生の wrist activity rhyhm の比較
○水間日香里、坂本哲郎
1)久留米大学医学部精神神経科


A 5-2 幼・小児期における日中の眠け(・):縦断的研究
○石原金由
1) ノートルダム清心女子大学 人間生活学部児童学科 心理学研究室


A 5-3 高齢者の睡眠健康と生活・睡眠習慣の青年期からの発達的検討
○白川修一郎、田中秀樹、鍛冶 恵、高瀬美紀、中島常夫、亀井雄一
1)国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健部、2)同国府台病院精神科、3)広島大学総合科学部 人間行動研究講座


A 5-4 視覚障害者の終夜睡眠経過
−30歳・50歳代の記録からの事例的検討−
○保野孝弘、広重佳治、宮田 洋
1) 川崎医療福祉大学医療福祉学部臨床心理学研究室、2)鳥取大学教育学部心理学研究室、3)関西学院大学文学部心理学研究室


6 睡眠と自律神経  座長:市丸雄平(東京家政大学臨床栄養第2部)
A 6-1 睡眠中の末梢血流の変動について:レーザー・ドプラー法による測定
○椎原康史、廣田昭久、小林能成、中宮敏之、児玉昌久
1)群馬大学医学部保健学科


A 6-2 延髄外側症候群における睡眠時呼吸心拍関連性
○市丸雄平、宮本雅之、宮本智之、多田清一
1) 東京家政大学臨床栄養第2部、2)獨協医科大学神経内科、3)多田医院


A 6-3 睡眠デルタ波パワーと強く相関する心拍変動指標
○黒河佳香、影山隆之、兜 真徳
1)国立環境研究所・地域環境研究グループ


7 体温と睡眠 座長:山本光璋(東北大学情報科学研究科生体情報学研究室)
A 7-1 睡眠位相変移の体温リズムと睡眠感への影響
○白川修一郎、高瀬美紀、田中秀樹
1) 国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健部、2)広島大学総合科学部人間行動研究講座


A 7-2 環境湿度が睡眠および体温に及ぼす影響
○岡本一枝、水野 康、道江砂恵子、前田亜紀子、飯塚幸子
1)獨協医科大学第二生理学教室、2)宇宙開発事業団、3)実践女子大学生活環境学科


A 7-3 皮膚温制御を考慮した睡眠ー覚醒リズムモデル
○中尾光之、木村陽子、山本光璋
1)東北大学情報科学研究科生体情報学研究室


A 7-4 季節別にみた睡眠深度と皮膚温の関係
○久保博子、赤木博子、梁瀬度子
1) 奈良女子大学生活環境学部生活環境学科生活健康講座、2)武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科


セッションB

1 睡眠覚醒機構  座長:尾上浩隆(大阪バイオサイエンス研究所)
B 1-1 腫瘍壊死因子およびインターロイキン-1阻害のウサギ生理的睡眠に及ぼす影響
○高橋 敏、James M. Krueger
1) 弘前大学医学部麻酔科学教室、2)ワシントン州立大学獣医学部動物比較解剖薬理生理学部門


B 1-2 発情ラットの睡眠におよぼすプロラクチンおよび交尾行動の影響
○張 士青、木村昌由美、井上昌次郎
1)東京医科歯科大学医用器材研究所


B 1-3 コロニー刺激因子(CSFs)によるノンレム睡眠およびレム睡眠修飾機構
○木村昌由美、児玉 亨、本多芳子、張 士青、井上昌次郎
1)東京医科歯科大学医用器材研究所制御機器部門、2)(財)東京都神経科学総合研究所心理学研究部門


2 脳波・PET 座長:白川修一郎 (国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健部)
B 2-1 健常被験者の睡眠時脳波成分の部位的検討
○関本正規、梶村尚史、加藤昌明、渡辺 剛、中村哲夫、高橋清久、大熊輝男
1)国立精神・神経センター武蔵病院、2)国立精神・神経センター


B 2-2 耳朶双極導出脳波の睡眠段階視察判定と周波数解析
○川名ふさ江、石山陽事、中西成元、成井浩司、野沢胤美
1)虎の門病院臨床生理検査部、2)同呼吸器内科、3)昭和大学医学部神経内科


B 2-3 20m Nitrox 飽和潜水が睡眠に及ぼす影響
○徐 有振、松本一弥、朴 盈満、毛利元彦、松岡成明
1)韓国慶南大学校工科大学産業工学科、2)東亜大学大学院情報システム専攻、3)海洋科学技術センター、4)昭和病院


B 2-4 中高年者の睡眠構造の性差について
−FFT 解析による検討−
○福田紀子、本間裕士、香坂雅子、小林理子、榊原 聡、香坂 忍、小山 司
1)北海道大学医療技術短期大学部衛生技術学科、2)北海道大学医学部精神医学講座、3)同小児科学講座、4)札幌花園病院


B 2-5 入眠期におけるδ帯域活動の頭皮上分布と発生源についての検討
○田中秀樹、林 光緒、堀 忠雄
1) 広島大学総合科学部人間行動研究講座精神生理学研究室、2)国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健部


B 2-6 ヒト睡眠中の脳波周波数分析とポジトロン CT による局所脳血流との関係
○内田 直、内山 真、梶村尚史、高山 豊、加藤昌明、関本正規、渡辺 剛、中島 亨、上間 武、堀越 悟、西川將巳、広木昌彦、小川賢一、平井伸英、工藤吉尚、松田博史、高橋清久、大川匡子
1)(財)東京都精神医学総合研究所、2)国立精神・神経センター精神保健研究所、武蔵病院、3)帝京大学医学部溝口病院、4)東京都神経病院


B 2-7 ポジトロン CT 画像解析からみたREM睡眠時の脳内眼球運動調節部位
○中島 亨、内山 真、梶村尚史、加藤昌明、関本正規、渡辺 剛、工藤吉尚、内田 直、高山 豊、上間 武、堀越 悟、小川賢一、西川將巳、廣木昌彦、松田博史、大川匡子、高橋清久
1)帝京大学医学部溝口病院精神神経科、2)国立精神・神経センター精神保健研究所、3)国立精神・神経センター武蔵病院、4)東京都精神医学総合研究所、5)東京都立神経病院


3 睡眠時無呼吸-1 座長:杉田義郎(大阪大学健康体育部健康医学第三部門)
B 3-1 睡眠時呼吸障害におけるいびきの強さと食道内圧変動
○板坂芳明、宮崎総一郎、石川和夫、戸川 清
1)秋田大学医学部耳鼻咽喉科学教室


B 3-2 睡眠時無呼吸症候群における自覚的眠気とPSGおよびMSLT所見との関連について
○古田壽一、金田礼三、小坂一登、越野好文、荒井秀樹、佐野 譲
1)金沢大学医学部神経精神医学教室、2)富山市民病院神経精神科、3)国立金沢病院神経科


B 3-3 三黄瀉心湯の随証投与で睡眠時無呼吸が改善した1例
○久永明人、齋藤 治、福田英道、黒川賢造、岡部彰人、橘 博之、萩野宏文、三田達男、山下委希子、堤 学、倉知正佳
1)富山医科薬科大学精神神経医学教室、2)雨晴医療情報研究所、3)金沢大学神経精神医学教室、4)市立長浜病院内科


B 3-4 無呼吸指数は低値でも昼間の眠気が強く治療を要した閉塞性睡眠時無呼吸症候群の4例
−上気道抵抗症候群との関連について−
○三上章良、渡辺琢也、本西正道、本多秀治、京谷京子、漆葉成彦、寺島喜代治、手島愛雄、杉田義郎、武田雅俊
1)大阪大学健康体育部健康医学第三部門、2)大阪大学医学部精神医学教室


4 睡眠時無呼吸-2 座長:井上雄一(鳥取大学医学部神経精神医学教室)
B 4-1 テレメディスンを用いた閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者における心血管危険因子改善の指導
○沖 良隆、塩見利明、篠邉龍二郎、森川 泉、臼井研吾、前川正人、小林 正
1)愛知医科大学第三内科


B 4-2 睡眠時無呼吸症候群とともに妄想を発展させた一例
○北村岳彦、早河敏治、粥川裕平、太田龍朗、冨田悟江、北島剛司、岡田 保
1)四日市日永病院、2)刈谷総合病院精神神経科、3)名古屋大学医学部精神医学教室、4)北海道立緑が丘病院、5)秋田県総合リハビリテーションセンター・ 精神医療センター、6)岡田クリニック


B 4-3 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者の CPAP 圧決定における auto titration について
○成井浩司、川名ふさ江、中田紘一郎
1)虎の門病院呼吸器科、2)虎の門病院臨床生理


B 4-4 当院における口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)の長期成績について
○渡口 明、名嘉村洋、宇座達也
1)浦添総合病院耳鼻咽喉科、2)同内科


5 疫学 座長:大川匡子(国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部)
B 5-1 高齢者の睡眠障害についてー1983年と1996年のアンケート調査の比較
○山口成良、松原三郎、桃井文夫、森川恵一、武山雅志、前田義樹
1)医療法人財団松原愛育会松原病院、2)医療法人積仁会岡部病院


B 5-2 睡眠に影響を及ぼす要因の多変量解析
−睡眠障害に関する社会的・環境的・身体的・医学心理学的因子のパス解析−
○山根秀夫、野口俊文、青谷 弘、山田尚登、加藤進昌
1)滋賀医科大学精神医学講座、2)公立高島総合病院、3)水口病院


B 5-3 全国総合病院外来初診患者における睡眠習慣と不眠の実態ー長期不眠の実態を中心に
○鈴木牧彦、石郷岡純、井澤志名野、村崎光邦、大川匡子
1)北里大学医療衛生学部、2)北里大学医学部精神科、3)国立精神・神経センター精神保健研究所・精神生理部


B 5-4 睡眠障害の臨床サービスの成立を阻む要因の検討ー地域中核病院における経験から
○岡 靖哲、立花直子、高橋英雄、田邊敬貴
1) 愛媛大学医学部神経精神医学教室、2)公立豊岡病院神経内科・内科


6 夢 座長:福田一彦(福島大学教育学部教育心理学)
B 6-1 『夢』と『夢に似た現象』に関する研究による『夢のリハーサル説』の提唱
○角辻 豊
1) 角辻総合人間科学研究所(Sumitsuji Institute of General Human Science:SIGHS)


B 6-2 NREM 及びREM 睡眠における夢見と大脳半球の左右差について
○大野洋美、上田一貴、佐野勝徳、勢井宏義、佐野敦子、森田雄介
1) 徳島大学・総合科学・生理心理、2)広島大学・総合科学、3)徳島大学・医・2生理


B 6-3 感覚遮断時のポリソムノグラムと主観的体験報告について
○岩田一樹、山本光璋、中尾光之、木村正行
1) 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 知能情報処理学講座、2)東北大学大学院情報科学研究科生体情報学研究室


7 妊娠・産褥 座長:石束嘉和(山梨医科大学精神神経医学教室)
B 7-1 妊娠末期から産褥にかけての Actigraph と睡眠日誌からみた睡眠・覚醒リズム
○新小田春美、松本一弥、朴 盈満
1) 九州大学医療技術短期大学部、2)東亜大学大学院情報システム専攻


B 7-2 産褥期における母親の睡眠日誌の分析
○堀内成子、西原京子
1) 聖路加看護大学・母性看護・助産学研究室、2)東京都精神医学総合研究所・精神生理部門


B 7-3 産褥9週、12週の母親の夜間睡眠パターンと子供の動きの変化
○西原京子、内田 直、堀内成子
1) 東京都精神医学総合研究所・精神生理部門、2)聖路加看護大学・母性看護・助産学教室


B 7-4 双胎妊娠における胎児基準心拍数と持続性頻脈の日内変動の解析
○室 雅己、庄野秀明、伊藤雄二、杉森 甫
1)佐賀医科大学産婦人科


セッションC

1 診断・症例-1 座長:立花 直子(愛媛大学医学部神経精神医学教室)
C 1-1 過眠症が初発症状でステロイド゛により軽快した5歳女児の ADEM の症例
○神林 崇、後藤敦子、清水徹男、佐藤浩徳、沢石由記夫、高橋祐二、高橋賢一、齊藤 靖、小川由理子、高田五郎、菱川泰夫
1)秋田大学医学部神経精神科、2)秋田大学医学部小児科、3)今村病院


C 1-2 夜間頻尿の治療に関する検討
○山尾 裕、田中善之、河内明宏、渡辺 泱、今田直樹、白川修一郎
1)京都府立医科大学泌尿器科、2)西陣病院泌尿器科、3)国立精神・神経センター精神保健研究所


C 1-3 REM睡眠行動障害の一例
○山本雄士
1)信州大学医学部精神医学教室


C 1-4 夜間多尿を呈したオリーブ橋小脳萎縮症の1例
○宮本智之、宮本雅之、横田徳継、平田幸一、片山宗一
1) 獨協医科大学神経内科、2)脳疾患研究所付属南東北病院


C 1-5 レストレスレッグ症候群と夜間ミオクローヌス合併症例に対する talipexoleの効果
○井上雄一、三谷秀明、難波一義、川原隆造
1)鳥取大学医学部神経精神医学教室


C 1-6 小児期に発症した家族性むずむず脚症候群の一例
谷口充孝、江川 功、鬼頭ひろ志、杉田淑子、清水孝一、木村 格、杉田義郎
1)大阪回生病院精神神経科、2)大阪回生病院呼吸器内科、3)池田回生病院神経内科、4)大阪大学健康体育部


C 1-7 律動性不随意運動を呈したオリーブ橋小脳萎縮症の1例
−PSG による睡眠時の不随意運動の評価−
○宮本雅之、宮本智之、横田徳継、平田幸一、片山宗一、岩井尊司
1)獨協医科大学神経内科、2)脳神経疾患研究所付属南東北病院


2 診断・症例-2 座長:野沢胤美(昭和大学医学部神経内科)
C 2-1 REM睡眠行動障害の治療にクロナゼパムを使用したことによって閉塞性睡眠時無呼吸を呈した一症例
○木村 格、立花直子、岡 靖哲、柴崎 浩
1) 京都大学医学部臨床脳生理、2)愛媛大学医学部神経精神医学教室


C 2-2 反対側に周期性四肢運動障害が認められた抗精神病薬誘発性片側性アカシジアの1例
○山下英尚、堀口 淳、水野創一、倉本恭成、山脇成人、稲見康司
1)広島大学医学部神経精神医学教室、2)清和病院


C 2-3 複数回の入眠時REM期(SOREMP)を伴う慢性過眠症症例
○吉田 祥、萬代正治、佐谷誠司、江村成就、松本人志、黒田健治、米田 博
1)大阪医科大学神経精神医学教室


C 2-4 日本における日中の眠気(EDS)の原因を診断する上での問題点
−Insufficient sleep syndrome と思われる2症例の経験から−
○立花 直子、岡 靖哲、越智和恵、福原竜治、田邊敬貴
1)愛媛大学医学部神経精神医学教室


C 2-5 ミトコンドリア脳筋症の睡眠ー覚醒障害の検討
○野沢胤美、市川博雄、長谷川幸祐、武内 透、佐藤 温
1)昭和大学医学部神経内科、2)関東労災病院神経内科


C 2-6 夜間睡眠中に低血糖に基づく異常行動を呈し、RBD との鑑別が必要であった1例
○高橋祐二、杉山智成、高橋賢一、齊藤 靖、小川由理子、神林 崇、清水徹男、菱川泰夫


3 解析・方法論 座長:小島卓也(日本大学医学部精神神経科学教室)
C 3-1 プログラマブル多用途・長時間・携帯型ディジタルポリグラフの試作
○山本光璋、中尾光之、片山統裕、和久 充、鈴木 賢、色川和孝、安倍正人、上埜高志
1)東北大学大学院情報科学研究科生体情報学研究室、2)岩手大学工学部情報工学科、3)東北大学教育学部視覚障害学講座


C 3-2 終夜ポリグラフの CD-ROM による情報管理
○市丸雄平、Moody, G.B.
1)東京家政大学臨床栄養第2部、2)Harvard University, Massachusetts Institute of Technology-HST


C 3-3 直線近似による入眠期眼球運動の自動検出
○広重佳治
1)鳥取大学教育学部心理学研究室


C 3-4 終夜睡眠ポリグラフィーにおける頤筋筋放電の自動解析
○下平雅之、杉本純子、長谷川毅、大澤由記子、福水道郎、神山潤、内田 直、野村芳子、瀬川昌也
1)瀬川小児神経学クリニック、2)東京医科歯科大学小児科、3)国立精神神経センター武蔵病院小児神経科、4)(財)精神研精神生理


C 3-5 睡眠覚醒障害の臨床におけるポリグラフの迅速な応用
○岡田 保、羽生美香、龍沢多恵、野田明子、粥川裕平、太田龍朗
1)岡田クリニック睡眠障害研究室、2)名古屋大学医学部保健学科、3)名古屋大学医学部精神科


C 3-6 睡眠日誌の有効度ーWrist-activity に基づく睡眠・覚醒状態との比較
○碓氷 章、石束嘉和、大日方一夫、岡戸民雄、福澤 等、神庭重信
1)山梨医科大学精神神経医学教室、2)新潟大学医学部第1外科学教室、3)山梨医科大学看護学科


C 3-7 アクチグラフ活動量からみた睡眠・覚醒判定の一方法
○朴 盈満、松本一弥、徐 有振、新小田春美
1) 東亜大学大学院情報システム専攻、2)韓国慶南大学校工科大学産業工学科、3)九州大学医療技術短期大学


4 薬物 座長:菅野 道(帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科)
C 4-1 Haloxazolam の終夜睡眠脳波に対する影響
○譚 新、内田 直、松浦雅人、西原京子、井口義信、小島卓也
1)日本大学医学部精神神経科学教室、2)(財)東京都精神医学総合研究所精神生理部門


C 4-2 Zolpidem および Zopiclon の夜間睡眠ならびに日中活動に及ぼす影響:1、ポリソムノグラフィによる検討
○中島 亨、佐々木 司、菅野 道、高沢 悟、池淵恵美、伊東ゆたか、中込和幸、田中正敏
1)帝京大学医学部附属溝口病院精神神経科、2)帝京大学医学部附属病院精神神経科、3)東京大学医学部附属病院精神神経科、4)久留米大学医学部薬理学


C 4-3 サリドマイドのヒトの睡眠への効果ープラセボ夜との比較
○神林 崇、清水徹男、高橋祐二、北島剛司、高橋賢一、齊藤 靖、佐藤浩徳、小川由理子、菱川泰夫
1)秋田大学医学部神経精神科、2)今村病院、3)秋田県立リハビリテーション精神医療センター


C 4-4 トリアゾラムの脳機能に及ぼす影響−事象関連電位の変化の経時的検討
○早川達郎、内山 真、浦田重治郎、榎本哲郎、大久保順司、大川匡子
1)国立精神・神経センター国府台病院精神科、2)国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部


C 4-5 塩酸トラゾドン投与による徐波睡眠の変化と血中濃度、直腸温との関連について
○山寺博史、鈴木英朗、中村秀一、遠藤俊吉
1)日本医科大学精神医学教室


C 4-6 うつ状態に伴う睡眠障害に対するトラゾドン就寝前単回投与の効果
−睡眠導入薬を併用しない条件での用量設定試験−
○ 増子博文、丹羽真一、熊代 永、金子義宏、鈴木 悟、沼田吉彦、堀越 立、渡部芳徳
1)福島県立医科大学神経精神医学教室、2)白河厚生総合病院、3)舞子浜病院、4)県立会津総合病院、5)福島赤十字病院、6)ほりこし心身クリニック、7)南湖病院


C 4-7 アキノワスレグサのマウス睡眠に対する影響(2)
○上江洲榮子、千代反田菜採、高橋裕子、平良一彦
1)琉球大学教育学部総合科学課程生涯健康教育コース、2)家政教育


戻る