プログラム一覧
(特別講演・会長講演・研究奨励賞講演・シンポジウム・ワークショップ)

戻る
特別講演 Human Sleep-Wake Rhythm in Temporal Isolation :A Review of the Andechs Experiments
Juergen Zulley (University of Regensburg)
司会 太田 龍朗 (名古屋大学)

会 長 講 演 睡眠薬開発の歴史と展望
村崎 光邦 (北里大学)
司会 山内 俊雄 (埼玉医科大学)

研究奨励賞受賞講演
研究奨励賞受賞講演 Activity of midbrain reticular formation and neocortex during the progression of human non-rapid eye movement sleep.
梶村 尚史 (国立精紳・神経センター武蔵病院)
司会 高橋 清久 (国立精紳・神経センター武蔵病院)


シンポジウムT 「生体リズム機構と分子生物学」
6月8日(木) 15:15〜18:15
3階 A会場 セレナーデ司会
大川 匡子 (滋賀医科大学)
本間 研一 (北海道大学)

S1-1 生体リズムと分子生物学
本間 研一 (北海道大学)


S1-2 睡眠・覚醒障害の遺伝学的側面
内山 真(国立精紳・神経センター精神保健研究所)


S1-3 時計遺伝子からみた哺乳類生物時計
岡村 均 (神戸大学)


S1-4 メラトニンと生体リズムの遺伝子機構
―メラトニン―受容体遺伝子研究から睡眠覚醒異常のゲノム解析へ―
海老澤 尚 (埼玉医科大学)


S1-5 ナルコレプシーの病態生理:ヒポクレチン(オレキシン)の関与
西野 精治 (Stanford University School of Medicine)



シンポジウムU 市 民 公 開 講 座 「不眠の臨床と治療」
6月9日(金) 14:45〜17:15
3階 A会場 セレナーデ司会
佐々木三男 (東京慈恵会医科大学)

S2-1 不眠の疫学
内村 直尚 (久留米大学)


S2-2 不眠の原因
大熊 輝雄 (大熊クリニック)


S2-3 不眠の病態と弊害
伊藤 洋 (東京慈恵会医科大学)


S2-4 不眠に対する自立訓練法の応用
中島 節夫 (ゆたかクリニック)


S2-5 薬物による治療 ―不眠症治療における睡眠薬の位置づけ―
井澤志名野 (北里大学)


ワークショップT 「睡眠呼吸障害の新しい 分類(AASM)と診断法」
6月8日(木)15:15〜18:15
3階 B会場 ファンタジア
司会
塩見利明 (愛知医科大学)
宮崎総一郎 (秋田大学)

W1-0 AASM task forceの概説
山城 義弘 (東邦大学第二内科)


W1-1 閉塞型睡眠時無呼吸低呼吸症候群(OSAHS)
山城 義弘 (東邦大学第二内科)


W1-2 中枢性睡眠時無呼吸低呼吸症候群(CSAHS)
名嘉村 博(浦添総合病院睡眠呼吸ストレスセンター)


W1-3 チェーン・ストークス呼吸症候群
安間 文彦 (国立療養所鈴鹿病院)


W1-4 睡眠時低換気症候群(SHVS)
榊原 博樹 (藤田保健衛生大学)


W1-5 上気道抵抗症候群(UARS)
三上 章良 (大阪大学)


ワークショップU
(コンピュータ委員会)
 「睡眠の評価」
6月9日(金) 14:45〜17:15
3階 B会場 ファンタジア
司会
杉田義郎(大阪大学健康体育部健康医学第三部門)
辻 陽一 (足利工業大学)

W2-1 学習用PSGビュアの配布状況と機能に関する報告
白川 修一郎 (国立精紳・神経センター精神保健研究所)


W2-2 学習用簡易型睡眠段階自動判定プログラムに関する報告
井上勝裕(九州工業大学情報工学部制御システム工学科)


W2-3 コンピューターを用いた心理的評価睡眠を測る
―評価法、評価尺度(心理・行動的側面)―
田中 秀樹 (国立精紳・神経センター精神保健研究所)


W2-4 コンピューターを用いた生理的評価
三上 章良 (大阪大学)


戻る